バイト研修でびびった話

ここのところ仕事の収入が減ったんでアルバイトでもするかと、
求人情報誌をチェックしてたら

 

「警備員募集 アルバイトOK 土・日OK 高給優遇」

 

と、あったのでこれでも土曜・日曜の
本業の休みにやってみるかと
応募して面接に行ったにです。

 

で、そこの社長が面接担当でした。
けっこうごつい体格で声もドスがきいてる
オヤジなんですよ。

 

「健康状態に問題ないか?」
「長続きできそうか?」
「交通警備だが現場までいける原付バイクは持っているか?」

 

など威圧感満載で質問してきて
質問がおわると、うちの会社の警備員はしっかり鍛えているので
全員優秀で、
依頼主からも大変評判良いのだと
自慢がはじまりました。

 

それでなんとなく嫌な予感が
芽生えてきたのだが、
バイトはしたかったので、俺は愛想よく
答えたり聞いてやり過ごしました。

 

で採用となり研修を何日か
受けなければいけないということで
後日、本業を休んで指定された時刻の15分前に
出社したのだが、
いきなり社長に「ゴラ〜予定の30分前には来い!!」
ドヤされました。

 

なんじゃこのオヤジと思ったのですが、そこは我慢我慢。
で警備員の旗の振り方とか
確認の仕方を社長が教え出しました。

 

そのあと一挙手一投足細か〜く
「ゴラ〜間違うとる、ゴラ〜視線がちがう。」
とパワハラ全開でどやしつけ
「なぜお前は間違うのか自問自答しろ!」
などと禅問答のような事を言い出しました。
俺はだめだこりゃ〜とその日でバイトを
辞めました。(笑)